お葬式の挨拶文例集とお葬式挨拶で確認しておきたい流れまとめ

人気の検索キーワード


【画像】https://careerpark.jp/newly/11632?page=7&category_id=11632

いつ来るかわからない身内や友人、お世話になった方のお葬式。

出来れば来ないで欲しいものではありますが、自分が生きてる限り避けては通れないものですね。

さて、皆さんはいざお葬式で挨拶する立場なった際、どのようにしたらよいか考えたことはありますか?

お葬式は突然くるものであるますし、自分の身内や親しい友人がお亡くなりになったりした場合、悲しさで色々考えたりするのは無理だと思います。

そのため、故人に恥をかかせないためにも、そして自分が恥をかかないためにもしっかりと事前に確認しておきたいですね。

今回は、あなたがお葬式で挨拶が必要になった際、あなたと故人の関係に応じた例文集と確認しておきたい流れを紹介したいと思います。

1.お通夜でのあいさつ

【画像】https://careerpark.jp/64298

【画像】https://careerpark.jp/64298

 

まずお葬式の流れですが、多くは「お通夜」⇒「火葬」⇒「告別式」となります。そこでまずは、お通夜での挨拶について確認したいと思います。

お通夜で挨拶するタイミングとしては、お通夜から通夜振る舞いに移る前と、通夜振る舞い終了ごの二回となります。どちらも主に喪主が挨拶するのが一般的です。

自分の親や奥さん、旦那さんに最後の立派な姿を見せるためにも、しっかりと確認しておきたいですね。

では、故人との関係別に、例文集をご紹介していきます。

通夜振る舞いの前、故人が自分の夫の場合

自分の夫に先立たれた場合の挨拶についてご紹介いたします。

まず、主な流れとしては「お集まりになってくださった方へのお礼」⇒「通夜振る舞いのご案内」⇒「告別式へのご案内」となります。この流れは故人と自分の関係が変わっても同じになりますので、しっかりと覚えてください。

それでは、自分の夫に先立たれた場合の挨拶の例文は以下になります。

 

「本日はご多用にもかかわらず、亡き○○のためにお通夜のご焼香を賜りまして誠にありがとうございます。

○○もこのように皆様に見守られまして喜んでいてくれる事と思います。
故人の在りし日のことなどお聞かせいただければと思い別室に粗茶などを用意いたしました。

どうか今しばらくお付合い頂ければ幸いです。
なお明日の葬儀は○時からとなっておりますのでよろしくお願い致します。

今日は誠にありがとうございました。」

このようにお通夜での挨拶は簡潔なもので大丈夫です。

通夜振る舞いの前、故人が自分の妻の場合

反対に自分の妻に先立たれた場合の挨拶になります。

基本的な流れは、先ほどの、夫に先立たれた場合の挨拶と変わりありません。例文としては以下の通りとなります。

「一言ご挨拶申し上げます。
本日はお忙しい中を、○○の為にわざわざご弔問くださいましてありがとうございました。

妻も皆様方のおいでを喜んでいる事と思います。

また存命中には、ひとかたならぬお世話になりました事を厚く御礼申し上げます。

あれこれ考えますと心残りなことばかりでございますが今は故人の供養に専念したいと考えております。

あちらの部屋に心ばかりのお食事を用意いたしましたので故人を偲ぶ話など聞かせていただければ幸いです。

なお明日の葬儀は○時から行います。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

今日は誠にありがとうございました。」

 

通夜振る舞いの前、故人が自分の親の場合

次に自分の親がお亡くなりになった時の挨拶となります。

基本喪主は、苗字の変わっていない子供がなるため、日本の結婚の形を考えると、一人娘ではない限り長男が挨拶をおこなうことが多いです。

また、子供の礼儀の良さは親の評価に直接つながることが多いため、故人の名誉のためにもしっかりしたいところですね。

例文は以下の通りとなります。

「本日はお忙しいところを、ご丁寧にお悔やみをくださいまして誠にありがとうございました。

生前は格別のご厚情を賜りまして本人も大変感謝いたしておりました。
厚く御礼申し上げます。

なお、明日の葬儀は○時からでございます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

大変ささやかではございますが、別室に粗茶を用意しております。

召し上り頂きながら、私の知らない父(母)の話などをお聞かせいただければ幸いです。

本日はありがとうございました。」

通夜振る舞いの後 喪主の挨拶

次は通夜振る舞後の喪主の挨拶になります。こちらは簡潔にお礼を述べたあと、明日の告別式もお願い致しますということを伝えましょう。

こちらは、例文2紹介します。

まず、1つ目です

「皆様、本日は誠にありがとうございました。
おかげをもちまして滞りなく通夜式を終えることができました。

夜も更けて参りました。
後は家族で守りますので、皆様どうぞご自由にお引き取りくださいませ。

また明日もよろしくお願い致します。
本日はありがとうございました。」

2つ目はこちらです。

「本日はご多用中にもかかわらず、誠にありがとうございました。
おかげをもちまして滞りなく通夜式を終えさせて頂きました。

もう夜も更けて参りました。
明日のお仕事に差し障りがあっては申し訳ありませんので本日はこの辺りで終了とさせていただきます。

誠にありがとうございました。」

通夜振る舞いの後 世話役代表の挨拶

通夜振る舞いの後は世話役の方も挨拶が必要になる場合があります。こちらも、喪主の挨拶同様簡潔にお礼を述べる程度で大丈夫です。

例文は以下になります。

「本日は突然のことにもかかわりませず○○の通夜にご弔問くださいまして誠にありがとうこさいました。

皆様の温かいお志しに、故人もさぞかし喜んでいる事と存じます。

夜も更けてまいりました。

明日のお仕事に差し支えがありましては故人に叱られてしまいますので本日はこれで終了とさせて頂きます。

どうぞご自由にお引き取りくださいませ。

ありがとうございました。」

こちらが、お通夜で行われる挨拶になります。

すべてに共通してるのは、お通夜は故人がお亡くなりになってすぐ行うため、急な連絡に集まってくれた方々感謝の言葉を忘れないことです。

自分の身内が亡くなっている状況で色々と周りに気を使う余裕を持つのは難しいかと思いますが、みなさん故人のために時間を作って集まってきてくださっているので、故人に変わり心からの感謝を伝えることが、故人のためにもなるはずです。

そのため、上記の例文を利用し故人に恥をかかせない挨拶してください。

2.告別式での挨拶

【画像】https://careerpark.jp/newly/11632?page=7&category_id=11632

【画像】https://careerpark.jp/newly/11632?page=7&category_id=11632

 

次は告別式での挨拶になります。こちらはお通夜の時よりも長めで丁寧な挨拶が必要になります。

基本的な流れとしては、「参列してくださった方へのお礼」⇒「故人の生前の話」⇒「遺族としてこれからについて」といったものになります。

故人のためにできる最後のことであるためしっかりしたいですね。

では、お通夜の時と同じく、故人との関係性別で例文を紹介していきます。

故人が夫の場合

まずは、故人が自分の夫の場合について紹介いたします。

例文は夫が若くしてお亡くなりになった場合のものを掲載します。

理由としては、最近は少なくなったとはいえ日本はまだまだ男社会な部分があり、息子が成人している場合喪主は息子が務めることも多いからです。

そのため、妻が喪主を務める場合は子供の成人前であり、必然として夫が若くしてお亡くなりになった場合となるからです。

それでは、例文は以下の通りになります。

「遺族を代表いたしまして、皆さまにひとことご挨拶を申し上げます。

私は、故人○○の妻○○でございます。
本日は夫・○○の告別式にご参列下さりありがとうございました。

故人は○○歳でございました。

人生まだこれから、という時に突然病に倒れ、短い一生を閉じることとなりました。

○○年間、夫婦として支えあってまいりました。

短い時間ではありましたが○○は良き夫・父として私たち家族にはなくてはならない存在でした。

夫との思い出を胸に、これからは残された家族で支え合い力を合わせて生きてこうと思っております。

なお、加療中は、ご丁寧なお見舞いを頂きましてありがとうございました。

皆さまにそのご恩返しができず、故人もさぞ申しわけなく思っていることと存じます。

今後も変わらぬご厚誼(こうぎ)を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

本日は、会社の皆さま、ご友人の皆さま、お忙しい中ご会葬をいただき誠にありがとうございました。」

故人が妻の場合

反対に故人が自分の妻の場合について紹介していきます。

基本的な流れは、さきほどの故人が夫の場合と変わりありませんが、故人が妻の場合は息子が成人していても夫が喪主を務める場合が多いため、妻が若くしてなくなった場合と晩年に亡くなった場合の両方を紹介していきます。

まずは、妻が若くしてなくなった場合の例文になります。

「本日はお忙しい中、妻OOの告別式にご参列頂き最後までお見送りを下さいまして誠にありがとうございました。

多くの方々よりご弔慰ならびに御香典を賜りましたこと、この場をおかりしまして厚く御礼申し上げます。

私共が結婚致しましてから20年、二人の子もやっと親の手を離れ妻もこれからは好きなことをして暮らすと、楽しみにしていた矢先の出来事でした。

妻がまだ44歳にしてガン末期と聞かされたときは大変ショックでしばらくは仕事も手につきませんでした。

しかし妻も入院中には毎日子供たちに囲まれ、これまでにない充実した日々を送ることができました。

先生や看護師さんの懸命のご介護のおかげで、体の苦痛も少なくやすらかなうちに静かに息を引き取る事ができました。

これからは残された二人の子供と一緒に生活してまいりますが何分男手ひとつでは不行き届きも多いことと思います。

どうかこれまで同様のお付き合いを頂きます様お願い致します。

本日は誠にありがとうございました。」

次は晩年に妻に先立たれた場合の例文です。

1 2

人気の検索キーワード