「お悔やみ申し上げます」の正しい意味と使い方、それ以外のNGな言葉とは

人気の検索キーワード


【画像】https://latte.la/column/45980729

お葬式の際や何か悲しいことが起きた時に使用する「お悔やみ申し上げます」という言葉…しかし、この言葉の意味を知らずに使っている…そういった方は多くいます。

ではこの「お悔み申し上げます」という言葉…一体どういった意味があるのでしょうか?

本当にお葬式での挨拶はこれで良いのか?このページでは「お葬式での正しい挨拶の言葉」そして「お葬式では言ってはいけない言葉」とは何か?についてご紹介致します。

1.お葬式の時の挨拶「お悔み申し上げます」とはどういった意味?

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/detail/65247?title=%E5%96%AA%E6%9C%8D%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A721&selected_size=s

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/detail/65247?title=%E5%96%AA%E6%9C%8D%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A721&selected_size=s

文頭でもお話しましたがお葬式や悲しいことが起きた時に使用する「お悔やみ申し上げます」という言葉…その意味を調べて見ますと、「お悔やみ」というのは「人の死を悲しみ、弔うこと」「後から残念がっている言葉」「残された人にかける慰めの言葉」という意味が有り、「お悔やみ申し上げます」というのは「故人の死を悲しんでいます。とても残念です」という意味が込められているのです。

故人を失った親族の悲しみは深いため、「下手に励ます」「私も貴方と同じくらい悲しい」といった言葉を言ってしまうと、同じ意味でも相手を「知った風に言わないで」「何が分かるの」と怒らせてしまう場合もあります。

そのため、お葬式の場では自分の言葉を素直に伝えることよりも「お悔やみ申し上げます」とオブラートに包んだ言葉を発する方が良いこともあります。

2.お葬式の場で「お悔み申し上げます」以外に使用するお悔やみの言葉

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/detail/359363?title=%E6%82%BC%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8&selected_size=s

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/detail/359363?title=%E6%82%BC%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8&selected_size=s

お葬式の場で親族にお悔やみの言葉を伝える際「お悔やみ申し上げます」以外にも言葉があります。ではどういった言葉を使用すれば良いのかをご紹介致します。

2-1.ご冥福をお祈り申し上げます・ご冥福をお祈りいたします

本テーマとしてご紹介しています「お悔やみ申し上げます」は親族に対しての言葉ではありますが、親族としては故人の事も考えて貰えると嬉しいものです。

そういった意味として「ご冥福をお祈り申し上げます」「ご冥福お祈りしています」という場合もあります。これは「故人に対して死後での幸せをお祈りしております」という意味となります。

2-2.ご愁傷様です・ご愁傷様でした

こちらは日常でも耳にしたことのある言葉だとは思いますが、これは不幸にあい悲しんでいる人に対して「同情や慰め、お気の毒です」といった意味を込めて使用する言葉です。

しかし、日常では茶化した意味で使用する場合もあります。お葬式で使用しても大丈夫か…皮肉に取られないか…と心配する方も居ますが、ご安心を本来は励ましの意味を込めた言葉なので、下手な言葉を選ぶのであれば「ご愁傷様でした」を使う方が先決と言えます。

日常 の茶化しでは「ご愁傷様」で終わっていますが、お葬式の場では親しい間柄であっても「ご愁傷様でした」と最後まで言うようにしましょう。

2-3.心中お察しします

お話途中やご挨拶に伺った際に、親族が悲しみのあまり会話ができなくなる場合もあります。

そういった際は、言葉を待ってしまうと、相手にプレシャーをかけてしまうので、何も言わなくても良いでしょう。

何が言いたいかちゃんと察していますという意味で「心中お察しいたします」と伝えましょう。

同じような境遇を味わったことがある場合でも、悲しみの深さや辛さは人によって違うため、「貴方の気持ちわかるよ…」と言うのではなく「心中お察しします」と言うようにすることをオススメします。

2-4.お力おとされません様に

親族は故人の死に心から悲しんでいますが、それに対して「元気出して」「時間が解決してくれるよ」「泣いていちゃダメだよ」といった励ましは絶対に避けましょう。

しかし、こんなに泣いていて大丈夫か…立ち直れるか…心配だということを伝えるのも優しさの一つでもあります。

そういった際は「お力落とされません様に」または「お疲れ出しませぬ様に」「力になれることがありましたら仰ってください」「御自愛ください」と言うように気遣いの言葉を掛けるようにしましょう。

3.「お悔みの言葉」の使い方ご紹介

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/detail/162208?title=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E5%A7%BF%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A790&selected_size=s

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/detail/162208?title=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E5%A7%BF%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A790&selected_size=s

「お悔やみ申し上げます」の意味、それ以外の言葉をご紹介いたしましたので、お次はそれらを応用しての使い方をご紹介いたします。

3-1.受付にて

受付にて「この度はお悔やみ申し上げます」を使用することは間違ってはいませんが、一般的には受付では「この度は誠にご愁傷様でございます。」と言って記帳をして、お香典を渡すようにします。

受付係の方が知り合いであっても、後ろに待っている場合があるので、無駄話をせず手短に済ませましょう。

希に受付のスタッフは葬儀社スタッフだと勘違いし、「お悔やみの言葉を言わない」「横暴な態度を取る」「適当にあしらう」といった方も居ますが、受付では香典(お金を扱う)ため、葬儀社スタッフが行うことはまずありません。

そのため、受付をしているのは「親族」もしくは「親族に信頼されている人」だということを頭に置き、対応するようにしましょう。

3-2.親族に対して

親族に対しては、「死因を聞く」「下手な励ましをする」といったことは避けましょう。

相手から話してくることに対しての返答は問題ありませんが、基本「この度はご愁傷様でした。

心からお悔やみ申し上げます」「この度はご愁傷様でした。心中お察しします」「この度はご愁傷様でした。力になれることがありましたら仰ってください」と簡潔に相手を気遣う言葉をかけるようにしましょう。
通夜後等親族との時間がある場合は、故人の思い出話することはマナー違反にならないため、親族の邪魔にならないようであれば、親族の知らない故人の話をしてあげるのも良いでしょう。

4.参列者同士での会話でも「お悔み申し上げます」は使用するのか?

画像URL:https://www.pakutaso.com/20140554140post-4189.html

画像URL:https://www.pakutaso.com/20140554140post-4189.html

参列者同士の場合は、親族に使うような言葉で挨拶をし合う人はあまり居ません。

そのため、普通の「こんばんは」「お久しぶりです」といった挨拶で問題はありませんが、「小さめの声で」「声のトーンを落として」会話しましょう。

友人同士の会話であっても「お葬式でタブーとされているコトバ」(後ほどご紹介します)「故人の悪口と取られる会話」はお葬式の場ではしないようにしましょう。

友人同士で待ち合わせて行く場合は、式場内で「こっち~」と大きな声で呼ぶ、手を振ると言った行動は失礼にあたるため、待ち合わせをするのであれば「式場外の近場で待ち合わせる」式場前で待ち合わせると言った配慮をしましょう。

5.お葬式ではNGとされる言葉とは?

画像URL:https://www.pakutaso.com/20120848235post-1845.html

画像URL:https://www.pakutaso.com/20120848235post-1845.html

お葬式の場ではNGとされている言葉があり、それを「忌み言葉」といいます。この忌み言葉は縁起が悪いとされており知らずに使用してしまうと、親族や友人を怒らせてしまうこともあるため、注意しましょう。

6.忌み言葉って何?

画像URL:https://www.pakutaso.com/20120408114post-1414.html

画像URL:https://www.pakutaso.com/20120408114post-1414.html

忌み言葉とは「死」や「不幸」を連想させるため、おくやみの場では使用すると失礼になる言葉を言います。

何気なく発言した言葉に忌み言葉が入っていて、親族や周りの方を不快にさせることがあるため、お葬式の場での会話には十分に注意が必要となります。

では、「忌み言葉」とはどういった言葉なのかを続いてご紹介いたします。

6-1.不幸が重なることを連想させる言葉

「重なる」「重ね重ね」「再三」「再四」「くれぐれも」「いよいよ」「くれぐれも」「皆々様」といった「繰り返す言葉」や「不幸が繰り返される」「不幸が重なる」ことを連想させる言葉は、また誰かが亡くなってしまうのでは…と不安にさせるため「忌み言葉」となります。

6-2.不幸が返ってくることを連想させる言葉

「また」「たびたび」「しばしば」「返す返す」「再び」「追って」「繰り返す」「続く」といった言葉は、後日不幸が戻ってくることを連想させるため、よく思われません。

6-3.悪いイメージを持つ数字

「4」「9」は「死」や「苦」を連想させるため、これも忌み言葉となります。
日時や時間について話す際は注意しましょう。

6-4.死を表す言葉

「死亡」「急死」「死ぬ」といった直接的な言葉も避けましょう。

6-5.仏式葬儀の場合の忌み言葉

「浮ばれない」「迷う」は成仏が出来ないことを連想させるため、仏式ではタブーです。

6-6.仏式では問題ないがその他の宗派の場合注意が必要な言葉

「成仏してください」「往生してください」「ご冥福をお祈りいたします」といった言葉は神式の場合、宗教上そういった概念はないため、使用しません。

キリスト教の場合も「お悔やみ」「哀悼」「逝去」といった言葉は、キリスト教の場合、死は不幸なこととは考えていないため、使用しません。そのため使用する場合は「安らかな眠りをお祈りいたします」と言うように言いましょう。

7.忌み言葉で失敗しがちな会話はこれ!言い換え方もご紹介

 

画像URL:https://www.pakutaso.com/20160351085post-7392.html

画像URL:https://www.pakutaso.com/20160351085post-7392.html

忌み言葉を使うつもりがなくても、会話の中で思わず使ってしまう場合があります。

そのため、どういった会話で間違って使用しがちかを知っておくことが必要となります。

では、どういった会話で使用してしまいがちか…また、どのように言い換えが必要かをご紹介いたします。

7-1.親族が使用しがちな忌み言葉

皆様へのお礼の挨拶を話す際に親族代表が忌み言葉を使用してしまい、一般の方を不快にしてしまう事もあります…例えば「皆々様、本日はお忙しい中足をお運び頂きまして有難うございます」これは、「皆々様」という言葉が忌み言葉となるので、正式には「大勢の皆様」「皆様」となる。

また、お礼を言う際に「重ね重ねお礼申し上げます」と言ってしまう場合もあるが、この場合は「心から御礼申し上げます」「なんども御礼申し上げます」と言うように言い換えましょう。

故人が病気がちだった場合等「たびたび体調が悪くなり入退院を繰り返していました」と言ってしまいがちですが「時々」もしくは「何回か体調が悪くなり~」といった言い方に変えると良いでしょう。

7-2.友人間での会話

友人間の会話であっても、お葬儀の会場は声が響きやすく、会話が聞こえやすい場合があります。そのため、ちょっとした雑談であっても注意が必要となります。

例えば「久しぶり…また追って連絡するよ」と後日の連絡の約束をしただけであっても、聞こえた人からすれば不快に思う場合があるため「また後日連絡するよ」と言うようにしましょう。他にも時間や年数の話「し(4)」「く(9)」を使う際もご注意を。

7-3.その他の忌み言葉の言い換え

「死亡→退去、永眠」「生存→ご生前、お元気なころ」「たびたび→何度も」「4(し)→よん」「9(く)→きゅう」「返す返す→何度も」「重ねる→なんども」「たびたび→なんども」「再び→なんども」「次々と→順に」「まだまだ→もっと」「くれぐれも→どうぞ」と言うように言い換えることをオススメします。

8.英語でのお悔やみの言葉

画像URL:https://www.pakutaso.com/20160111020post-6640.html

画像URL:https://www.pakutaso.com/20160111020post-6640.html

近年、国際社会が進み外国人の友人や会社関係者のお葬式へ行く方も増えつつあります。

しかし、そういった際に必要となるのが「英語力」しかし、全てを話そうと思えば一朝一夕では難しくあります。そのため、基本となる挨拶である「お悔やみ申し上げますと家族に直接伝える場合→I’m sorry for your ress」と伝えると良いでしょう。

因みに、「御香典を包む」という習慣は日本独自のマナーのため、海外では「お花を贈る」と言ったことが一般的となりますのでどちらの作法に則たお式なのかを「事前に調べておく」「どちらでも対応できるようにしておく」ことをオススメします。

9.メールのお悔やみ文の送り方

画像URL:https://www.pakutaso.com/20130139017post-2328.html

画像URL:https://www.pakutaso.com/20130139017post-2328.html

急な不幸の知らせを聞き、「お悔やみを伝えたい」「式に行けないのでお詫びの言葉を伝えたい」そういった際には「電話」では無く「メール」を利用することをオススメします。

通夜前というのは、親族は準備や手続きで忙しくしていることは勿論、遠方の親族との連絡手段として電話は重要となるため、電話をかけ繋がらない環境を作ってしまうことは迷惑となりますので、極力「メール」を使用するようにします。

日時や会場の確認をしたい場合は葬儀社に連絡をして確認をすることも可能ですので、極力親族の手を煩わせぬようにしましょう。

しかし、メールという物は文書として残るため、間違った文を送ってしまうと相手を不快にさせてしまいます。では、どういった文書が適切なのか…「お悔やみをメールで送る場合」のルールをご紹介いたします。

9-1.お悔やみメールの題名

お悔やみのメールをえる際、広告メール等位紛れないためにも、必ず題名を入れます。

題名はひと目で「だれが何のために送ってきたのか」が分かるように「〇〇よりお悔やみ申し上げます」と言うように何の件か、誰からか分かるように入力をするようにしましょう。

よく「大丈夫?」「元気出して」といった題名を送る方もいますが、「迷惑メールと思われる」場合もありますし、大事な人を亡くして「大丈夫や元気な訳がありません」そのため、相手を不快にさせてしまう事もあります注意が必要となります。

9-2.お悔やみメールの本文

お悔やみ文を送る際は、相手は忙しいということを頭に置いて文章を作成するようにしましょう。

「大丈夫?」等「?」で終わる文は返信をせねばならないプレシャーを相手に与えてしまいますので、極力「?」は使わないようにしましょう。

質問がある場合は、「お時間空きましたら教えてください。」「いつでも結構なので日時お願いします。」と言うように「急がない」「教えて欲しい」ということを完結に伝えましょう。

もし、返事が無かったとしても「怒る」「相手を責める」「返事を催促する」ことは絶対に避けましょう。

絵文字、顔文字は、相手がどのように受け取るかが分からないので、こちらも使用は避けることをオススメします。
「葬儀に関係のない話を入れる」ことや「関係があったとしても長々と書いた文章」も迷惑となりますので、完結に要点だけをまとめた文章にしましょう。

1 2

人気の検索キーワード