一回忌/一周忌の流れと金額の常識、参列する際の服装とマナーまとめ

人気の検索キーワード


【画像】https://you-know-m.com/49m-1622

法要についてあまり知識がない方は多いと思います。

しかし、法要はほとんどが行うことであり、避けられないのが現状です。

そこで今回は一回忌/一周忌に関して解説します。

不安がある方は是非ご一読下さい。

1.法要の種類

【画像】http://www.kurashinotomo.jp/butsudan/houyou/knowledge/

【画像】http://www.kurashinotomo.jp/butsudan/houyou/knowledge/

 

まず始めに、法要の種類にはどのようなものがあるのか、説明していこうと思います。

1-1.忌日法要

死んだ日から数えて七七日(なななのか)、いわゆる四十九日まで、7日ごとに法要があり、その7回を忌日としています。

その後、命日から数えて100日後を百か日といいます。

初七日(しょなのか):7日目。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

二七日(ふたなのか):14日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

三七日(みなのか):21日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

四七日(よなのか):28日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

五七日(いつなのか):35日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

六七日(むなのか):42日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

七七日(なななのか):49日目。四十九日、満中陰とも言います。これまでの期間を中有や中陰と呼びます。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

百か日:100日目:卒哭忌(そっこくき)や出苦忌(しゅっくき)とも言います。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

1-2.年忌法要

何年かおきの命日に行います。

一周忌を除いた法要は、法要の回数-1の死後の年数に行い、人によっては五十回忌、百回忌をすることもあります。

三十三回忌か五十回忌を最後にすることが多く、最終の年忌にした法要を弔い上げや門切りと呼びます。これは、故人の霊が清浄したという意味を持ちます。

一周忌:1年目。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

三回忌:2年目。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

七回忌:6年目。遺族、親族で供養します。

十三回忌:12年目。遺族だけで行うのが一般的です。

十七回忌:16年目。遺族だけで行うのが一般的です。

二十三回忌:22年目。遺族だけで行うのが一般的です。

二十七回忌:26年目。遺族だけで行うのが一般的です。

三十三回忌:32年目。遺族だけで行うのが一般的です。

1-3.その他の法要

・開眼法要:仏壇や墓を購入したときに行う法要です。

故人の魂を向かい入れるという意味があります。他の宗派では仏壇開き、入魂式とも言います

納骨法要:墓に納骨するときに行う法要です。開眼法要と合わせて行われることもあります。

閉眼法要(抜魂法要):仏壇や墓を変えるときに行う法要です。開眼法要とは逆で魂を抜くという意味があります。

お盆法要:旧暦の7月15日、現代で言うと、8月13日からの4日間に行われます。先祖を供養する行事として伝わっています。

彼岸法要:春分、秋分の日をはさむ前後7日間に行います。寺や墓に参り、故人を供養し、仏壇を清め、精進料理やぼたもちを供えます。

2.法要の意味

【画像】http://www.osohshiki.jp/column/article/28/

【画像】http://www.osohshiki.jp/column/article/28/

 

それぞれの法要には意味が込められています。

では、具体的にはどんな意味があるのか見ていきましょう。

2-1.忌日法要

忌日:四十九日までは、故人は幽霊のような存在と考えられており、7日ごとに小さな生まれ変わりがあるとされています。故人が極楽浄土に行けるように祈ります。

初七日:故人が無事に三途の川を渡ることができるように供養するための法要です。

四十九日:故人が新しい世界に生まれ変わる日で、新しい生と古い生の区切りの日です。

百か日:個人が亡くなったことに関する悲しみに区切りをつける日とされています。

2-2.年忌法要

極楽浄土へ行った故人を精進の道へ導くための法要です。

一周忌の日をもって、喪が明けるとしています。

というわけで、法要についての説明をしていきましたが、ここからは本題の一周忌についての話に入っていきましょう。

3.一周忌をする日と場所の決め方

【画像】http://www.daijo-ji.org/butsudan.html

【画像】http://www.daijo-ji.org/butsudan.html

 

まず、日にちを決めてから場所選びをする場合が多いようです。

では、詳しくはどのように決めていくのでしょうか。

3-1.一周忌の日にち

基本的には、故人が死んで1年後の命日に行うとされています。

しかし、その日が平日という場合がありますよね。参列者は平日に仕事をしている人が多いため、その日を避けることが望ましいとされています。

そのため、土日にずらすのですが、命日の直前の土日に行うことが一般的です。

1カ月程度まででしたら、前倒しても良いと言われています。

後に行うことは、忘れていたととらえられてしまうため、避ける傾向にあるようです。

3-2.一周忌の日にちと六曜

中には、一周忌の日は友引を避けたという人がいますが、気にしなくて大丈夫です。

これは、友引や大安、仏滅などの六曜と仏教とは関係ないと考えられているためです。

そもそも、六曜まで気にしていたら、一周忌の日が決められないということもあります。

ただ、これは、要相談ということもあるようです。

親戚で気にしている人がいるようだったら、考えなければいけないこともあるでしょう。

3-3.一周忌の場所

自宅か寺で選ぶ場合が多いようですがホテルで行う場合もあります。

自宅は掃除や準備で忙しくなるため注意しましょう。

寺の場合は、直接赴いて、申し込むことが良いとされていますが、電話でも構いません。

寺によっては、位牌や花、お供え物などを家族側が準備しなければいけないことがあるので、事前に確認しておく必要があるでしょう。

いずれにせよ、出席者が集まりやすい場所を選ぶことが大切なポイントでしょう。

4.一周忌の流れ

【画像】https://you-know-m.com/49m-1622

【画像】https://you-know-m.com/49m-1622

 

一周忌の準備から当日の流れまでを説明していきます。

あくまでも、一例なので、法要によって変わってきます。

4-1.一周忌の準備

【1~2カ月前】

・日程を決める

・一周忌、会食の場所を決める

土日は埋まりやすいので、日程が決まり次第、連絡しておきましょう。

会食は行わなくても失礼ではありません。その際は、弁当などを持ち帰ってもらいます。

・料理の予約をする

おめでたいときに出される鯛や伊勢えびを避ける意味でも、事前に法事で利用することを伝えておくほうが良いでしょう。

・招待客リストを作る

近親者だけで行うのか、会社関係の人も招くのかを決めます。

葬儀の際の受付名簿のなどを参考にして、遺族で話し合います。

・法事の案内状を作成送付する

親族だけの場合は電話でも良いとされています。

・引き出物を決める:おもてなしやお土産という意味以外に、香典のお返しという理由もあります。

・墓に納骨する場合、石材店に手配を依頼する

【2週間~1か月前】

・出欠の返事を確認し、出席人数、料理数、席順、引き出物の数などを関係各所に連絡する。

・寺から会食会場までの人数、移動方法の確認をする

・卒塔婆(そとば)の本数の確認をする

※卒塔婆とは供養のために用いる細長い板のことです。墓の傍によく立てられているものですね。

【前日】

・お布施・お供物・お花・位牌・遺影写真・引物などの持参する物の準備する

:お供え物は、線香や果物、故人が好きであったビールなどが選ばれる傾向にあります。

・出席者の人数の再確認をする

4-2.一周忌当日の流れ

①僧侶が入場する

仏壇の前が僧侶の席となります。遺族は血縁が濃い順に前から座っていきます。

②施主があいさつする

一周忌法要の開始に際し、ごく簡単な挨拶をします。

③僧侶が読経する

④焼香する

施主から始まり、前の方に座っている人から焼香をしていきます。

⑤法話を聞く

⑥僧侶が退場する

僧侶が会食に参加する場合は、省略されます。

⑦墓参りする

墓地が遠い場合は、省略されます。

⑧施主があいさつする

⑨会食する

料理を食べたり、会話をしたりします。

故人を懐かしむと同時に、出席者への感謝の意味合いもあります。

⑩施主が閉会のあいさつをする

⑪引き出物を渡す

⑫解散する

5.一周忌のマナー

【画像】http://kabusan.or.jp/2016-03-06-4144.html

【画像】http://kabusan.or.jp/2016-03-06-4144.html

 

どのような服装や行動がふさわしいのでしょうか。

立場や年齢で違いがある部分もあるので、押さえておきたいですね。

5-1.服装

男性か女性かによって、学生かそうでないかによって違いがありますが、主に、黒を基調とした格好が良いとされています。

男性

・施主、親族は礼服(喪服)が望ましいです。

参列者はブラックスーツや黒ネクタイ、白シャツ、黒靴下・靴が良いでしょう。

アクセサリー類や光る時計は着けないようにしましょう。ハンカチなども地味な色にする必要があります。

・学生の場合は、制服が望ましいです。

制服がない場合は、地味な服装(黒、紺、グレー)を心がけましょう。

【女性】

・施主、親族は礼服(喪服)が望ましいです。

参列者は、黒のスーツやワンピースで、ストッキングや靴も黒にしましょう。

黒であっても、サンダルやエナメル加工の靴は避ける必要があります。パールのネックレスは着用しても良いですが、その他のアクセサリーや光る時計は着けないようにしましょう。

バックやハンカチも黒が良いでしょう。

・学生の場合は、制服が望ましいです。

制服がない場合は、地味な服装(黒、紺、グレー)を心がけましょう。

5-2.作法

【ご焼香】

ご焼香は、芳香をささげることによって、深く敬い心を清らかにするという役割があります。

また、香りで邪気を払うという効果もあります。

ご焼香には、立って行う立礼、座って行う座礼、座って行い香炉を隣の人へ回していく回し焼香の3種類があります。

基本的なご焼香の方法は、右手の親指・人差し指・中指で抹香(香木を砕いた細かい木片)をつまみ、額の高さまで上げます。

次に、左の香炉の上で、指をこすりながら抹香を落とします。回数は、宗派によりますが、基本的に1~3回であれば、何回でも構いません。

その際、数珠は、左手にかけておくと良いでしょう。

【数珠】

基本的には、左手にかけておきます。

【引き出物の渡し方】

会食がある場合は、僧侶に最初に渡し、各席に渡していくのが良いでしょう。

人数が多い場合は、あらかじめ、席に置いておいても構いません。会食に出席しない人には、法要の終了後に、渡しておきます。

渡す際には、一言お礼を言うことが望ましいです。

会食がない場合は、引き出物と弁当、お酒を渡します。

【お布施の渡し方】

法要が終わり、僧侶が帰るときにお礼として渡します。

また、お車代、御膳料も一緒に渡します。直接渡すのではなく、小さなお盆に載せて渡すことが大切です。

【香典の渡し方】

香典の入ったのし袋は、ふくさに包んで持っていくのが良いとされています。

ふくさがない場合は、地味な色のハンカチで代用しましょう。

渡す際は、ふくさから出し、相手の向きに変えてから渡しましょう。

【お布施、香典のお金の入れ方】

・お札の向きをそろえる

・新札を使わない

・お札の裏を表側にして入れるのも慣例である

6.ふさわしいあいさつ、文章

【画像】https://latte.la/column/45980729

【画像】https://latte.la/column/45980729

一周忌では、施主はあいさつを行ったり、案内状を送ったりします。

また、案内状が送られて来たら、招待客はそれにすぐに返信する必要があります。

その際に、どんな文章や言葉が良いのか、悩むこともあるかもしれません。

ここでは、そんな疑問を解決していきましょう。

6-1.施主のあいさつ

ポイントとしては、以下のことが挙げられます。

・簡潔にする

・法事に参列してくれたことへの感謝を述べる

・ご厚誼へのお礼を述べる

・遺族のその後について報告する

・食事(かいしょく)を用意したので、故人を偲んで食べてほしい旨を伝える

例文としては、次のようなものが考えられます。

1 2

人気の検索キーワード