密葬とは/密葬と家族葬との違いや流れと一般常識に付いてのまとめ

人気の検索キーワード


【画像】https://you-know-m.com/missou7-2-655

近年、葬式の形式も多様化の傾向があります。

特に家族葬や密葬などの「身内だけで小さく葬儀をする」葬儀を実施されるケースが多くなり、この背景には少子高齢化社会や交友関係の変化などがあげられます。

そこで今回、小さい葬儀の一つ「密葬」についてご紹介します。

身内の方に万が一のことがあった場合、「密葬」も視野に入れていらっしゃる方は、密葬に関する知識を頭の片隅にでも良いので入れておくことをオススメします。

1. 葬儀に関する基本知識

【画像】http://www.shiminso.com/chishiki.php

【画像】http://www.shiminso.com/chishiki.php

1-1.葬儀の意味

葬儀を行う意味は様々な考え方があります。

日本では旧石器時代から死者を葬る儀式として行われていました。

他国では死者の新たな門出の祝いとして、盛大に明るく葬る場合もあるようです。

葬儀には宗教の概念が深く関係しております。

葬儀は死者とのお別れを偲ぶ会とされ、死者を送りだすため、また残された者のために行われる儀式です。

他にも社会的処理として、「誰が亡くなったのか」また「どのように遺体を処理するのか」という意味も含まれています。

葬儀の前夜には「お通夜」が設けられ、死者とのお別れ、また死者を魔物から守る魔除けの意味も込められています。

そのため、お通夜の晩には、一日中誰かが遺体に付き添い、線香や灯りを灯し続け、死者の胸元に魔除けとして刀を置いておきますが、これも宗派や地域により方法が異なることもあります。

そして参列者はお清めの塩を盛るなどして死者の魂がついてしまわないようにします。

葬儀当日に火葬される事がほとんどですが、故人が好きであった物や長年愛用していた品物を棺に入れ、遺体と共に火葬するということが良く行われます。

これは死者へ対する想いと、あの世でも寂しくないようになどという意味が込められており、また、葬儀には死と生について考える場でもあります。

1-2. お葬式の種類

比較的規模の大きな葬儀

・一般葬

一般的なお葬式です。

家族や親族だけでなく、知人やお世話になった方にも参列してもらいます。

日本では仏教を宗教儀礼の中心として進行するお葬式が多いです。最近はキリスト式の葬儀ができる葬儀社も増えています。

・社葬

社葬とは、法人(企業)が施主となります。主に会社によって行われる葬儀です。

企業のトップの死は影響が大きく「個人の死」で終わらせることはできません。

そのような企業の発展に尽くされた創業者や役員、業務遂行中に亡くなられた社員の功績を讃えるために、企業がご遺族と一体となって追悼する行事が社葬です。

社葬は、一般的な葬儀に比べ会葬者数が多く、おおむね大規模な葬儀が執り行われます。

しかしながら、社葬は規模の概念ではなく運営の主体が企業にあり、企業の経費で執り行われるかどうかが判断の基準となっています。

・合同葬

合同葬は、企業が遺族と合同で葬儀を主催する葬儀です。

個人葬(仏式葬儀・葬場祭または神葬祭・キリスト教式葬儀)と本葬を一緒に行うのが合同葬です。

また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれます。

合同葬は、ご遺体を火葬するまでの全てが流れの中に入っているのが特徴です。

喪家の宗教・宗派で行うことが通常ですが、基本的には遺族との話し合いによって決められます。

葬儀費用についても、企業と遺族双方の話し合いによって決定されます。

他にも、社葬とは異なりますが、社会的な著名人や有名芸能人などが亡くなった際には「お別れの会」などの大規模な葬儀もあります。

お別れ会は、家族・近親者だけで葬儀を行って火葬を済ませ、後日改めて広く招き、故人とのお別れをしていただくといった告別式中心の葬儀です。

「偲ぶ会」、「送る会」など、名称はさまざまです。

遺族・身内だけの葬儀

・家族葬

家族葬とは、ごく一般的な形式の葬儀を、家族やごく親しい方だけで行う葬儀です。

故人との最期の別れに集中でき、小規模であるため費用が抑えられるので選ばれる方が非常に増えています。

家族葬の流れは通常の葬儀と同じで、亡くなられた場所から自宅や安置施設まで搬送をおこない、通夜式当日までご安置します。

その後、納棺、通夜式と続き、翌日に告別式と火葬を行います。目安は50万円以上です。

・密葬

今回ご紹介する密葬とは、遺族・親族を中心に故人をよく知る人だけが内々に集い、広く告知することなくひそかに行う葬儀のことで、古くから行われてきた葬儀の一つです。

家族葬との違いとしては、密葬は「本葬」とセットで行われるが一般的です。

参列等はご遠慮いただき、基本的に家族のみで通夜と葬儀式を行います。

・火葬式・直葬

火葬や直葬というのは、上記で紹介した家族葬プランから通夜と告別式を省き、火葬のみを行う内容となります。

集まるのは少人数の親しい親族のみで、宗教的儀式にあまりこだわらない方や、費用をできるだけ抑えたい方に選ばれています。

火葬式・直葬の費用相場は、多くの葬儀社で25万円前後となっています。

必要とする物品やサービスが少ないため、一般的な葬儀よりも大幅に費用が抑えられます。

「火葬式」や「一日葬」は、儀式を行わなかったり、簡略化したりといった、比較的新しい見送りのスタイルです。「家族葬(密葬)」や「一般葬」は、死亡後に搬送をして、通夜、葬儀・告別式、火葬という流れで進む一般的な葬儀プランです。

2.密葬について

【画像】http://anshin-sougi.com/type/family.html

【画像】http://anshin-sougi.com/type/family.html

早速本題に入っていきたいと思います。

本来、社葬など大きな葬儀をとり行う前に、親族のみで、通夜と葬儀、火葬を行うまでの葬儀を密葬といいます。

その後、通常は本葬や社葬ということになります。著名人では、俳優の宇津井健さんや衆院議員の鳩山邦夫さんも密葬で執り行われました。

密葬は「本葬を行う家族葬」です

そのためここでは家族葬についても記します。

「家族葬」を遺言などで希望される人は「本当に自分のことを思っている家族と近しい人で送ってほしい」という願いが強いようです。

あまりお付き合いのない弔問客にかこまれた形式的な葬儀を敬遠されているのでしょう。

また、ご家族が、そんな形式的な葬儀に振り回されないように気遣っていらっしゃる方が多いかもしれません。

本当に心から偲んでくれる人に最期を看取ってほしいという思いから家族葬を選ばれる方が多いです。

斎場で「家族葬」をする場合は、斎場の制約がありますので早めに相談します。

補足:本葬について

本葬とは、あらかじめ密葬で身内だけで葬儀を終えた後に大規模な葬儀を改めて行うことをいいます。

社葬や団体葬など大勢の参列者を見込んだ葬儀や告別式をさします。

社葬などの大規模な葬儀は準備に時間がかかるため、あらかじめ密葬の形で近しい親族のみで葬儀を終えた後に、日を改めて一般の参列者を招いた大きな告別式が行われる際に使われる言葉です。

有名人の葬儀などでもよく見られる葬儀のスタイルです。

本葬や社葬は、定まった形式があるわけではないので、比較的自由な形式で行われることが多くなります。

一般的には会社や団体などが主催し、多くの参列者が集まる大規模な会になります。

前もって密葬の際に、故人の宗派にならった授戒、引導などの儀式を済ませておき、当日は家族以外の主催にすることで、一般の参列者にお別れの場をもうけることを目的とします。

「授戒」・・・仏門に入る者に、仏弟子として生きるための戒を授けること。
「引導」・・・死者を導くこと。葬儀の時、導師が最後の宣告をし、現世への思いを断ち切らせること。

3. 密葬の流れ

【画像】http://data.urban-funes.com/columns/private-funeral/

【画像】http://data.urban-funes.com/columns/private-funeral/

一般的な葬儀の小規模版のため、流れは一般葬とほぼ同じです。

基本的には遺族が自由に葬儀スタイルを組み立てることが可能となっています。

人数は、本当に家族のみで執り行う10名程度の葬儀から、親族も招いての20~30名程度の葬儀もあります。また、故人と深いつながりや交友があった方も招く50名前後の家族葬もあります。

【具体的な流れ】

ご臨終・死を告知される。各種病院での手続き

死亡したことを葬儀社、お寺、もしくは相談機関に伝える


ご遺体の安置 。ご遺体を安置場所に搬送


葬儀業者との打ち合わせ。葬儀の具体的な内容を決めます

お通夜、告別式日程の連絡


納棺


お通夜

(遺族が大切な家族の死を受けとめるための時間を持つための儀式)


葬儀・告別式

(葬儀は仏教の場合、宗教者による読経や焼香といった、宗教的儀式で死者を見送ります。告別式は亡くなったことのお知らせや、生前のお礼といった遺された家族が挨拶をするものです。また死を社会的に確認するための儀式でもあります。)

火葬

(遺体の衛生上の対応。ご遺体の処理になります。出棺の際には、位牌・骨箱・遺影写真を持っていきます。火葬場に到着したら、火葬許可書を提出して、霊柩車からお棺を出し、炉前に運びます。火葬してから葬儀・告別式を行う地域もあります)

お骨上げ

(火葬場でのお骨上げの時間まで、休憩したり料理を食べたりして、時間を待ちます。係員の指示に従って、お骨上げを行います。火葬場では骨箱のほかに、埋葬許可証が渡されます)


法要(通夜・葬儀式から法要までのひとつひとつが、大切な人の死を受け入れていくためのプロセス)

式中初七日法要

(告別式後、日程を繰り上げて初七日法要を行います。地域によっては火葬後に行う場合もあり、状況によって行わない事もあります。)

※初七日法要と式中初七日法要

初七日法要は、逝去後7日目に行う法要のことです。その後7日毎に7回法要を行うことになっていますが、実際には、初七日法要を葬儀と共に行い、四十九日法要で忌明けとなり、納骨するのが一般的な流れです。

本来は、亡くなってから7日目に行うのが初七日法要で、簡略化され、火葬後に葬儀場へ戻り行う初七日法要が一般的になっていますが、さらに繰り上げて、葬儀とともに行われるのが式中初七日です。繰上初七日とも呼ばれています。

葬儀後

葬儀後に自宅にお参りに来てくださる方もいらっしゃいます。

焼香や香典を辞退する場合には、四十九日法要を終えてから挨拶状と一緒に返礼品を送りましょう。5.

4.密葬が増えてきた理由

【画像】http://www.moshukokoroe.com/nagare/kyouka-mosyu/

【画像】http://www.moshukokoroe.com/nagare/kyouka-mosyu/

日比谷花壇の葬儀プロデューサー金澤和央さんは「ここ1年ほどの当社の傾向を見ますと、葬儀を行わず家族だけが火葬場でお別れをする『直葬』の割合が19%、家族、親戚、身近な友人のみで葬儀をする『家族葬』は57%。ひと昔前まで一般的だった50名を超える一般葬(21%)や200名を超える大型葬(3%)を大きく上回っています」という(女性セブン2012年11月15日号)。このことには以下のような社会的背景が密接に関わっています。

理由1.少子高齢化社会の進行

超高齢化社会となったことで、長生きされる方が増えました。

しかしながらを年をとることで行動する範囲は狭くなります。行動範囲が狭くなると、周囲との付き合いが減少していき、死後の参列者の数も比例して減少します。

1 2

人気の検索キーワード